ロストプラネット2


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by  ミリタリーブログ  at 
まずこの三つ(用心がね、切り替えレバー周り、アクハ)は、つなげて加工してもらい。

アクハのカバーの金属では無い部分を後からネジで固定する方式にして、組み込んでるガスガン自体の弾倉を止めてる部分を操作できるようにそこだけパカパカ開けるようにするかな。


  


Posted by  かし  at 22:51Comments(4)陸上自衛隊装備
さてさて、内部調整するためには側をばらさなければなりません。

分解してみました。

まず用心がねを下に引っ張ると、取れます(笑)
これは、とらなくても大丈夫です。
折らないように注意。

自分は、折る自信があるので先にはずしました。



アクハのカバーを取ります。
右にずらして、やや右下の方向に引きます。



安全装置回りのカバーを取ります。
これは、両面テープで付いてるだけです。

2ヶ所にテープが付いてます。



後方のおい紐を引っかける部分をとります。
ネジ2本でとれます。



後方のカバーを外します。ネジを取れば簡単にとれます。


次にアクハの後ろのカバーを取ります。

これは、後方のカバーを外せば、下に下げれば抜けます。



後は消炎制退器を外して、本体を後方に下げ銃口を抜いたら、中身が取れます。



自分は、このまま近くのアルミ加工ができる業者に持ち込みます。

得意の、これと同じもの削りだして〜。

ですね。

中身とアクハと前方アクハはプラのままで全てアルミ化を目指します。

フルメタルにならない程度にメタル化。

見積りいくらかな・・・。高いなら、コウカンと用心がねのみアルミ化。  


Posted by  かし  at 19:21Comments(0)陸上自衛隊装備
ほぼ1日ゲームに投入してきました。

1ゲーム約30分の何回も復活できるゲームがメインのフィールドに投入しました。

ヒットはそこそこ取れてますが、広いフィールドでは射程足りなくてキツいですね。

20メートルなら確実。
30メートルは、やまなりで届くギリギリな感じでした。

弾倉は、一本しかないので何度も補充。

マガジンが取り外しにくいですが、慣れれば・・・慣れればな感じです。




さて一番気になる外装強度です。

とりあえず、何回か至近で本体に弾があたりましたが、運がいいのか割れませんでした。

塗装は、こんな感じで剥げますね。



それで、ゲームから帰って家で脱落防止を外すと・・・用心がねがポロリ(笑)

9ミリ機関けん銃をサバゲに、投入する方はビニールテープ必須です!!

そもそも自衛隊の銃を脱落防止しないで使おうとするのがまちがってますけどね。

北海道のフィールドみたいに開けた場所が多いところでは、射程足りません。
ブッシュの濃いところや、室内では取り回しよく連射力高いので打ち勝ち安い感じです。


とりあえず、ゲームで使えます!!


  


Posted by  かし  at 20:45Comments(0)陸上自衛隊装備
すでに、箱出しで前方アクハのネジが落下します(笑)個体差かな?

とりあえずサバゲにガンガン投入するので、折れそうなところと落ちそうなネジにビニールテープ貼ってゲームに投入します!

部品なくなったら、凹むので。

この部品が落ちるのが自衛隊っぽくてとてもいいですね。




  


Posted by  かし  at 07:27Comments(0)陸上自衛隊装備

2016年08月27日

9ミリ機関けん銃

買ってしまいました。

約五万!!

9ミリ機関けん銃は、これしかないので、これでてには入るなら安いですね。

好きな方は、買ってもいいですね。

外観も、見た目はとてもいいので。

先に実射性能ですが、いいですね。作動と弾道はゲームでも使えます。

ゲームには使えると思いますが、ゲームには持ち込まない方がいい感じです。



入れ組品は、こんな感じ。



ゲームで使えるが、ゲームに持ち込まない方がいい理由は、コウカンが割れそう折りそう。


用心がね。折れそう。ぐにゃぐにゃです。



おい紐管、もげそう。


尚、弾倉交換はしにくいです(笑)

幹部ごっこしたり、無反動の予備として携行したりは充分だと思います。



好きなら、買った方がいい銃です。



ちなみに、自分は地元のアルミとか加工してくれる業者に持ち込みます。

コウカンと用心がねが・・・(笑)

そういえば、これ切り替えレバーどうやってつけるの?(笑)  


Posted by  かし  at 21:11Comments(0)陸上自衛隊装備